ダイハツより軽自動車オープンスポーツのコペンが2014年6月に復活!

自動車モデルチェンジ情報
自動車モデルチェンジ情報 トップ自動車ニュース>軽自動車オープンスポーツのコペンが復活!

13個の樹脂パーツで外装を自由に変更できる新型コペンは遊び心満載

ダイハツより、軽オープンスポーツのコペンが2014年6月に発売されました!

新型コペンのボディータイプは、スポーツカーらしい躍動感や流麗さを表現する「コペン ローブ」、フェンダーなどのカラーリングを変えた2トーンボディーでアクティブテイストを強調する「コペン X(クロス)モデル」の2種類となります。
SUVテイストを加えたコペン Xモデルは2014年秋の発売開始を予定しているようです。

   
↑コペン ローブ


↑コペン X(クロス)モデル

新型コペンでは、電動オープンルーフを持つ2人乗りで、ターボエンジンで前輪を駆動させる基本スタイルとなっていて、初代コペンに用意されていたディタッチャブルトップ仕様はラインアップされません。

搭載されるエンジンはダイハツ車に幅広く採用されている直列3気筒DOHC660ccのインタークーラーターボで、最高出力は64ps/6400rpm、最大トルクは9.4kgm/3200rpmとなっています。トランスミッションは7速スーパーアクティブシフト付きCVTと5速MTの2種類です。

e:Sテクノロジーとボディの軽量化で燃費も良好で、CVT車でJC08モード燃費25.2km/Lとなっています。

新型コペンの一番のポイントは外観で、独自の内外装着脱構造(ドレスフォーメーション)が採用されていて、外装ではヘッドライトやドアパネル、ルーフなどを除く13個の樹脂パーツをボルト締め付けで自在に交換可能として、購入した後でも好みに合わせてイメージチェンジしたり、傷ついたときに気軽に補修・交換できるようになっています。

維持費の安さと性能のアップで、軽自動車は人気となっていますが、人気車種はどれもトールワゴンタイプのファミリー向け軽自動車ばかりです。
軽自動車のボディタイプ別メリット・デメリット

そんな中、維持費が安く走りも楽しめる、オープンスポーツが軽自動車から発売されたのは、嬉しい選択肢となりそうです。子供が独立したクルマ好きのお父さんには、人気のモデルになるのではないでしょうか。

また、2014年内にはホンダより、ビートの後継車であるS660の発売が予定されています。こちらもかなり魅力的なモデルとなっているので、ビートの発売を待ってからの比較検討してみるのも良いのではないでしょうか。
新型コペンと要比較!ホンダ ビート後継車(S660)発売時期!
軽自動車オープンスポーツモデル比較 コペンとS660どちらを選ぶ?


【乗換えを考えている方へ!「下取り」と「買い取り」どちらが得か?】
下取だと、新車の値引き価格と下取車の価格が一緒にされて本来の価格より安い下取価格になってしまうこともあります。 カービューの買い取り査定サービスなら、一度の入力で複数社に査定依頼が可能です。
 ◆カンタン約3分のオンライン車査定 軽自動車

【ヴィッツの新車見積もりを簡単にもらう方法】
ディーラーに行かなくても新車の総支払額を知ることができ、ここで値引き交渉もできます。ディーラーに行く前にある程度の支払額を知ってから、価格交渉に望むことができる優れモノです。
 ◆ヴィッツの諸費用込み新車見積もりはこちらから 軽自動車

 ◆ヴィッツの無料中古車検索はこちらから!



カプチーノ発売時期・予想!
ロードスター モデルチェンジ情報!




掲載している情報・リンクサイトは自己の責任で利用してください。
掲載サイトとの間に生じたトラブルに当サイトは一切責任は負いません。
Copyright (C) 自動車モデルチェンジ情報 2014 All rights reserved.